第15回 せんだい探偵小説お茶会主催(翻訳ミステリー大賞シンジケート後援)

エラリー・クイーン『レーン4部作』(角川文庫)読書会

前回の開催から時間が空いてしまいましたが、この準備のために

時間が欲しかったのです。(言い訳)

満を持して2014年の総括として、年初より暖めていた企画、

「レーン4部作」読書会を開催します。

それでは、今回のホストからの紹介文を掲載させていただきます。

<ホストからの紹介文>

———————————————————–

1985年に上梓された東西ミステリーベスト100に、シリーズ4部作でありながら200位以内に3作品がランクイン。

2013年1月にリニューアルされた同誌では、20位以内にシリーズ4部作の2作品がランクイン。

そして、シリーズ4部作の1作品は有名作家や評論家によるベスト10上位に、のきなみランクインする名作中の名作。

読者は、そのシリーズ4部作が何であるか、見当をつけたと思います。

そうです。エラリー・クイーン(バーナビー・ロス)の「レーン4部作(悲劇4部作)」であります。

これだけ有名な作品ですから、1作品は読んだことのある方々が多いと思われます。しかし、上位にランクインした名作を読んだだけでは、シリーズ4部作の真価に触れたとは言えません。4部作を通して読んでこそ、真価に触れ、ミステリの深淵を垣間見ることができるのです。

2013年1月に上梓された東西ミステリーベスト100で「ミレニアム(3部作)」が12位にランキングされたことが気になりました。

「レーン4部作(悲劇4部作)」が、もし「ミレニアム(3部作)」と同じように取り上げられていたらと……。

前口上が過ぎました。

11月の、せんだい探偵小説お茶会で取り上げる作品は、会が始まって以来の冊数(これまでは2冊。ページ数にして700ぐらい)とボリュームの本格探偵小説史上に燦然と輝く巨星、「レーン4部作」であります。

2014年からせんだい探偵小説お茶会では「色」をテーマに作品を選んできました。

「レーン4部作」で「色」、と問われ戸惑う方がいるかもしれません。ホストである私も「はて? 」と最初は思案しました。

その「色」とは?

この色が閃いた方、そして、その色を知りたいと思い「レーン4部作」を繙いた方。

ミステリの深遠に触れる良い機会です。

是非、せんだい探偵小説お茶会まで足を運んでみませんか。

ホスト:仙台のクイーン

———————————————————–

開催日  :2014年11月23日(日)

場所   :青葉区中央市民センター 和室

       (青葉区一番町2丁目1−4)

時間   :14時00分〜17時30分

定員   :15名

課題図書:エラリー・クイーン(訳:越前 敏弥)角川書店

       『Xの悲劇』

       『Yの悲劇』

       『Zの悲劇』

       『レーン最後の事件』

       ※上記の新訳版でのみ参加可能です。

参加費  :一般 500円  学生 無料

参加方法:氏名・連絡先を明記のうえ、sendai.mystery@gmail.comま でご連絡いただくか、

       Twitterにて@sendaimysteryまでリプライまたはDMを送ってください。

読書会終了後に懇親会を予定しておりますので、お時間に余裕のある方は

是非ご参加を検討ください。(別会費、自由参加です)

せんだい探偵小説お茶会のホームページにも案内を掲載しておりますので

そちらの方も、併せてご覧ください。

http://sendai-mystery.com

告知第2弾はこちら

各地読書会カレンダー

これまでの読書会ニュースはこちら