先日こちらのサイトでも告知させていただいた、フィリピン発本格ミステリー翻訳出版クラウドファンディングプロジェクト『Smaller and Smaller Circles(仮:迫る包囲網)』( http://honyakumystery.jp/5366 )に関連して、原書の一章分を題材に読書会を開催します。
 
 ファシリテーターにライター・書評家の杉江松恋さんをお迎えして、本書についての感想をシェアをしたり、アジア文学や海外ミステリーについての情報交換も行う予定です。ミステリーファンのみなさまのご参加をお待ちしております!
 
 また、『Smaller and Smaller Circles』の原書もご用意していますので、手にとってご覧になりたい方も歓迎です。和訳も一部ありますので、英語が苦手な方もお気軽にご参加ください!

■課題本
Smaller and Smaller Circles(仮:迫る包囲網)』
 プロジェクトの詳細はこちら↓から。本書のストーリーやくわしい内容の紹介もあります。

https://greenfunding.jp/thousandsofbooks/projects/2055

■企画の詳細
・日時:2018年1月23日(火)19:00~21:00 
 ※開場18:45予定
 ※途中参加/退出可能
 
・場所:サウザンブックス社 会議室
・東京都渋谷区代々木2丁目30-4 2F
 TEL:03-6869-9395
 info@thousandsofbooks.jp
 
 ※JR・代々木駅からは徒歩5分
 ※小田急・南新宿駅より徒歩1分
 ※MAPアクセスはこちらから↓↓
 http://y-c-s.jp/access/
 
■参加費・定員
・参加費:無料
・定員:10名
 
■お申し込み方法
 メールの件名を「読書会参加希望」としていただき、お名前と、当日ご連絡がつく電話番号をご明記の上、info@thousandsofbooks.jp 宛にお申し込みください。
 おって、課題図書のPDFデータをご返送いたします。
 
 ※ご案内するPDFデータの使用は、本読書会を目的した場合のみ可能です
 ※土日祝日を除き、お申し込みから数日中にお返事いたします

■当日の注意事項
イベントレポートとして開催写真をSNS等で後日公開することがあります。

■こんな方からのご参加をお待ちしています!
Smaller and Smaller Circles(仮:迫る包囲網)』を少しでも先に読んでみたい。
Smaller and Smaller Circles(仮:迫る包囲網)』(仮:迫る包囲網)』翻訳プロジェクトに興味がある。
 アジア(フィリピン)ミステリーに興味がある。
 杉江松恋さんのお話を聞いてみたい。
 

 
著者:F.H.バタカン マニラ生まれ。フィリピン大学大学院卒業後、政府の情報機関であるフィリピン・インテリジェンス・コミュニティーで10年近く勤務し、諜報活動や詐欺調査などの専門訓練を受ける。2000年、シンガポールへ移住し、放送記者を経て、ニュース番組のプロデューサーとして放送ジャーナリズムの世界に身を置く。2002年、本書と同タイトルの短編小説を出版して作家デビュー。パランカ記念文学賞、フィリピン国民文学賞、マドリガルーゴンザレス賞を受賞。
 
■Smaller and Smaller Circles – Official Trailer

 
■サウザンブックスについて■
 サウザンブックスは、言葉や文化の壁を越え、心に響く1冊を翻訳出版する出版社。世界には、面白い本や必要とされている本が多くありますが、翻訳出版は初期コストが嵩むため、ビジネスラインに乗りにくいという理由から、未翻訳のタイトルが本当に数多くあります。そこでサウザンブックスでは、これまでの仕組みだけでは翻訳出版できなかったそのような本を、クラウドファンディングを活用して先行予約を取ることで続々と出版しています。2016年のサービス開始から1年、6タイトルの出版プロジェクトを成立させ日本中の書店で販売中です。
公式サイト: http://thousandsofbooks.jp/
twitter: https://twitter.com/thousandsbooks
Facebook: https://www.facebook.com/thousandsbooks/
 
 
■【随時更新】翻訳ミステリー最新インフォメーション バックナンバー