※受付を終了しました。(8月10日追記)

 令和になり、2か月が過ぎましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。熊本読書会の中の人です。

 年末で20回を迎える当会。予算的に古典を多く取り上げてきました。
 まだまだ、紹介したい本がたくさんある中で、今でも入手できるものとなると限られてしまいます。
 今回は、ベタですが、黄金時代の名作『毒入りチョコレート事件』を課題書にお送りします。

 迷?探偵シェリンガムと、チタウィック。ん、探偵が2人?も登場するアントニイ・バークリーの意欲作。
 皆さんも一緒に事件の真相について考えてみませんか。

第19回 熊本読書会

【主 催】熊本ミステリー読書会
     https://www.facebook.com/kumamotomystery

【課題書】『毒入りチョコレート事件』(東京創元社刊)
      アントニイ・バークリー著/高橋泰邦訳
※課題書は各自でお求めのうえ、当日までにお読みいただきご参加ください。電子書籍もOKです。

【日 時】2019年8月17日(土)15:30~17:30

【場 所】熊本市中央区上通町2-3 熊本市現代美術館 3F会議研修室
     https://www.camk.jp
※館内保全のため会場内は飲食禁止となっております。ご協力をお願いします。

【参加費】300円

【定 員】20名(先着順)

【懇親会】読書会終了後(18:00~)に、別途懇親会を予定しています。
     会場は後日参加者に別途連絡します。(会費4,000円程度)

【後 援】翻訳ミステリー大賞シンジケート http://honyakumystery.jp

【参加方法】受付専用サイト(告知’s PRO)
      http://www.kokuchpro.com/event/kumamoto19th
      より、お申し込みください。

      申し込み時に、お名前と連絡の取れる電話番号(携帯電話)、
      メールアドレスをお書き添えください。

※ハンドル名等での参加はご遠慮いただいております。プロの方の筆名はOKです。定員になり次第、募集を締め切らせていただきますので予めご了承ください。

※お手数ですが、@gmail.com および@kokuchpro.com  からのメールを受信できるよう予め設定をお願いします。