全国読書会フードファイターでありながら、うまい棒に埋もれてわびしく暮らしている越前敏弥です。南東京読書会の世話人見習いでしたが、先日無事に共同世話人に羽化しました。どうぞよろしく。

さて、みなさま、お待たせしました。『あの本は読まれているか』 『秘めた情事が終わるとき』につづく「全国翻訳ミステリー読書会世話人たちが熱く語る!」シリーズ第3弾のお知らせです。

今回の課題書は、アガサ・クリスティー『ナイルに死す』

〈Kindle版〉

これはもう説明不要ですね。
9月に黒原敏行さんによる新訳が刊行され、12月にはこれを原作とする映画〈ナイル殺人事件〉の公開が予定されています。

日時:11月15日(日)15:00~16:30ごろ(最大延長17:00まで)

参加費:無料(予約不要)

内容ネタバレ全開のイベントです
   (クリスティーの他作品についてはネタバレなし)。
   ぜひ『ナイルに死す〔新訳版〕』(ハヤカワ文庫 
   クリスティー文庫)を読了してご参加ください。

形式: Zoomミーティングによる座談会をYouTube でライブ配信します。
    配信時のリンクは https://youtu.be/8Ro5K0DEExI です。
   ※視聴にあたって、Zoom のアカウントは必要ありません
    YouTube のチャット機能のほか、ツイッターのハッシュタグ
    「#ナイルに死す読書会」もご利用ください。
   ※なお、ツイッターでのネタバレ記述はお控えください
    YouTubeのチャットではOKです。

パネラー(敬称略):
黒原敏行(翻訳家、『ナイルに死す』訳者)
小塚麻衣子(早川書房、『ナイルに死す』担当編集者)
「クリスティー部」部長(クリスティー大好き読者代表、仙台・福島の読書会に参加)
千早とわ(クリスティー大好き読者代表、西東京・多摩南・名古屋などの読書会に参加)
大矢博子(書評家、名古屋読書会世話人)
越前敏弥(全国読書会フードファイター、翻訳者、南東京読書会世話人)※司会進行

今回は『ナイルに死す』の訳者&編集者に加え、クリスティーについて語らせたら止まらない読者代表の男女をお招きし、これまでの2回よりさらにパワーアップしたライブをお届けする予定です。

どうぞお楽しみに!