【毎月更新】書評七福神の今月の一冊【新刊書評】

書評七福神の十月度ベスト!

【各社発】翻訳ミステリー新刊情報【随時更新】

ピョン・ヘヨン『ホール』(執筆者:書肆侃侃房・田島)

2018.11.21 | 【原書レビュー】え、こんな作品が未訳なの!?【毎月更新】

第百二回はハーラン・コーベンの巻(その2)(執筆者・三角和代)

なんともう11月が終わろうとしているとは。今年はコーベンの『偽りの銃弾』(小学館文庫/田口 俊樹、大谷 瑠璃子訳)が刊行された大変いい年だったのですが、みなさま、読み逃しはございませんでしょうか。ここで、堂場瞬一氏の熱い解説でもふれられているマイロン・ボライター・シリーズをあらためておすすめします ...

2018.11.20 | 【不定期連載】K文学をあなたに~韓国ジャンル小説ノススメ~

第7回 韓国ミステリーの女神たち(執筆者・藤原友代)

みなさま、こんにちは。大好きな作家たちの新刊発売が相次ぎ、はふはふしながら積読本消費に精を出してる韓国ジャンル小説愛好家のフジハラです。おかげさまで、不定期連載開始から1年が経ちました。こうして韓国ジャンル小説を紹介できる場を提供していただけますことに、心より感謝申し上げます。今後とも、どうぞよろ ...

2018.11.17 | 【随時更新】読書会ニュース

第23回札幌読書会開催!

2018年も残すところあと二ヶ月たらず。みなさんは今年も良い本との出会いがたくさんあったでしょうか。 12月の課題書は、「映画化/映像化されたページターナー」をテーマに決めました。 そのココロはもちろん、1)小説と映像で二度楽しめるから。そしてあまり大きな声では言えませんが、2)映画を観ておけ ...

2018.11.16 | 【随時更新】読書会ニュース

第13回多摩南読書会のご案内

2018年最後の多摩南読書会のご案内です。村上春樹と同じくノーベル文学賞に何度も名前があがっている作家、マーガレット・アトウッドの『侍女の物語』を読んで語りませんか。 絶望のなかに生きることは、かくも人の心を凍らせるものなのか。自由を奪われ、希望を持つことが許されない人生だけが残されたとき、ど ...