【毎月更新】書評七福神の今月の一冊【新刊書評】

書評七福神の七月度ベスト!

【毎月更新】乱読クライム・ノヴェル

乱読クライム・ノヴェル 第7回『スピレーン傑作集 狙われた男』(執筆者:小野家由佳)

2018.08.18 | 【随時更新】読書会ニュース

第14回金沢読書会のご案内

今回の課題書は、スウェーデンのベストセラー小説、フレドリック・バックマンの『幸せなひとりぼっち』です。失礼ながら本書は、〝あらすじだけ聞くとつまらなそうに聞こえる〟小説に当てはまってしまうかと思います。が、読みはじめればやめられなくなること必至、心温まるなかにもすっと筋の通った清々しさのある作品で ...

2018.08.17 | 【随時更新】読書会ニュース

第3回大阪ノンジャンル翻訳読書会のお知らせ

7月の読書会はおかげさまで盛況のうちに無事終了いたしました。この場を借りてお礼申し上げます。まだまだ余韻に浸っていたい気もいたしますが、次の読書会のご案内です。 今度はロマンスあり、魔法ありのジェットコースターファンタジー! 世界30か国以上で翻訳されたという、ステファニー・ガーバー著『カラヴ ...

2018.08.16 | 【毎月更新】中国ミステリの煮込み

第49回:新刊宣伝と上海ブックフェア(執筆者・阿井幸作)

私の初翻訳作品となる『あの頃、君を追いかけた』が8月10日に講談社から発売されました。本書の原作は台湾の人気小説家・九把刀(ギデンズ・コー)氏の自伝的青春小説『那些年,我們一起追的女孩』(2006年)であり、2011年に作者自身が映画監督となって映画化してから大ヒットを飛ばし、2013年に日本でも ...

2018.08.15 | 【不定期連載】ギリシャ・ミステリへの招待

第2回 ヤニス・マリスを継ぐ人々(執筆者・橘孝司)

みなさま、カリメーラ(こんにちは)! 前回お話しした「ギリシャ・ミステリの父」ヤニス・マリスは1950年代から70年代まで流行作家として活躍しました。同時期に作品を発表し始めた作家たちは他にもいますが、全作品が再版され続けているマリスに比べ、今日手軽に読めるわけではありません。 ◆マリス以降 マリ ...