【毎月更新】中国ミステリの煮込み

第84回:著者に聞く! 民国ミステリー叢書をつくった理由(執筆者・阿井幸作)

【不定期連載】ギリシャ・ミステリへの招待

第20回 占領下カトヒの冒険と犯罪(執筆者・橘孝司)

2021.09.17 | 【随時更新】読書会ニュース

全国翻訳ミステリー読書会YouTubeライブ第7弾『見知らぬ人』トークイベントのご案内

みなさん、こんにちは。全国読書会フードファイターでありながら、なかなか全国読書会フードファイトができずにいる越前敏弥です。とはいえ、オンラインの魑魅魍魎イベントも楽しくてたまらないので、第7弾を開催します。 このところの全国翻訳ミステリー読書会 YouTubeライブは世話人・常連によるおすすめ本 ...

2021.09.15 | 【随時更新】訳者自身による新刊紹介

リサ・ラッツ『パッセンジャー』(執筆者・杉山直子)

主人公「わたし」は、なぜ名前も外見も変えて逃げ続けるのか? 過去に何があった? 追ってくるのは誰? リサ・ラッツ『パッセンジャー』は、読み出したら止まらないノンストップ・サスペンス。 主人公「わたし」は夫の経営するバーで時々働く20代後半の主婦。冒頭部分で、読者はいきなり彼女の夫の死体に遭遇します ...

2021.09.14 | 【不定期連載】K文学をあなたに~韓国ジャンル小説ノススメ~

第24回 ゾッとする現実、ゾッとする非現実(執筆者:藤原友代)

みなさま、こんにちは。韓国ジャンル小説愛好家のフジハラです。暑さも盛りを過ぎ、北海道ではナナカマドの実もちらほらと色付き始めました。暑さに弱いドサンコとしては、一日も早く冬が来てくれるよう願うばかり。というわけで本日は、ちょっとだけゾッとする作品を現実世界と非現実世界から一つずつお持ちしました。 ...

2021.09.10 | 【随時更新】読書会ニュース

第8回大阪読書会レポート:課題書『誠実な嘘』(執筆者・信藤玲子)

2021年8月29日、大阪翻訳ミステリー読書会をオンラインで開催しました。 今回の課題書『誠実な嘘』は、CWAゴールド・ダガー賞を二度受賞したマイケル・ロボサムによる話題作であり、イギリスやオーストラリアではドラマ版も人気を博しています。 訳者の田辺千幸さんをゲストにお迎えし、総勢11人でこの作品 ...

イベント内容/ =関連書アマゾンリンク