【毎月更新】クラシック・ミステリ玉手箱

短編の饗宴~小森収編『短編ミステリの二百年 Ⅰ』他(執筆者:ストラングル・成田)

【毎月更新】書評七福神の今月の一冊【新刊書評】

書評七福神の十月度ベスト!

2019.12.08 | 【随時更新】読書会ニュース

【再掲】第20回熊本読書会開催!

※受付は12月16日(月) 00:00までです。ご参加をお考えのかたはお早めにご連絡ください。 みなさまいかがお過ごしでしょうか。熊本読書会の中の人です。 おかげさまで20回。記念すべき20回目の課題書は、モダン・ホラーの巨匠、スティーヴン・キングの代表作、『ミザリー』です。 キングと言えば ...

2019.12.07 | 【随時更新】読書会ニュース

【再掲】第26回札幌読書会開催!

早いもので今年も残すところあと2ヶ月。玄関先まで冬将軍がやってきている札幌より、第26回目となる読書会のご案内をいたします。 課題書はデレク・B・ミラーの『白夜の爺スナイパー』です。 ノルウェーに(いやいや)移住した82歳の元海兵隊員シェルドン・ホロヴィッツが、ひょんなことから母親を殺された少 ...

2019.12.06 | 【毎月更新】乱読クライム・ノヴェル

乱読クライム・ノヴェル第二十三回 マーガレット・ミラー『これよりさき怪物領域』(執筆者:小野家由佳)

「今の翻訳ミステリー大賞シンジケートは、過去の名作についての言及が少ない!」ーーそんなことをお思いの方はいらっしゃいませんか? そういう方向けの連載が今回から月イチで始まります。犯罪小説が大好きでしかたがないという小野家由佳氏が、偏愛する作家・作品について思いの丈をぶつけるコラムです。どうぞご期待く ...

2019.12.05 | 【毎月更新】お気楽読書日記

第58回:怒涛の展開に目が離せない(執筆者・上條ひろみ)

だいぶ昔の本だが、角田光代の『さがしもの』を読んだ。本にまつわる物語を集めた短編集で、『この本が、世界に存在することに』の改題。いま読んでもまったく古さを感じさせず、本を読むこと、この世に本があることのよろこびをあらためて感じて、しみじみとうれしくなった。 本書の解説によると、人間は本を読むために ...