【毎月更新】乱読クライム・ノヴェル

乱読クライム・ノヴェル第12回 ジャック・フィニイ『夜の冒険者たち』(執筆者:小野家由佳)

2019.01.17 | 【毎月更新】書評七福神の今月の一冊【新刊書評】

書評七福神の十二月度ベスト!

書評七福神とは翻訳ミステリが好きでたまらない書評家七人のことなんである。 書評七福神の二人、翻訳ミステリーばかり読んでいる翻訳マン1号こと川出正樹と翻訳マン2号・杉江松恋が2018年度のベスト10を決めるイベントが昨年末に駒込・BOOKS青いカバさんで開かれました。こちらのリンクから、その模様をご ...

2019.01.16 | 【随時更新】訳者自身による新刊紹介

郭強生『惑郷の人』(執筆者:西村正男)

はじめまして。郭強生『惑郷の人』の訳者の西村です。ミステリ・ファンのみなさんにこの台湾の小説の魅力を紹介できることになり、嬉しく思っています。 著者の郭強生は1964年生まれ、台湾大学卒業後、アメリカのニューヨーク大学大学院で演劇を専攻し博士号を得ています。花蓮・国立東華大学を経て現在は台北の国立 ...

2019.01.15 | 【映画コラム】ミステリアス・シネマ・クラブで良い夜を

第20回 最小限の最大値――『デンジャラス・プリズン―牢獄の処刑人―』(執筆者・今野芙実)

みなさんこんばんは。第20回のミステリアス・シネマ・クラブです。このコラムではいわゆる「探偵映画」「犯罪映画」だけではなく「秘密」や「謎」の要素があるすべての映画をミステリ(アスな)映画と位置付けてご案内しております。 新しい年になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。2018年、皆さま ...

2019.01.12 | 【随時更新】読書会ニュース

【再掲】第6回松山読書会開催!

みなさま、6回目の翻訳ミステリー読書会松山、開催のお知らせです。 課題図書は話題になったアレ。 なのですが……。実はワタクシ頭を抱えております、今。 この作品を、どうご紹介したものやら。 あらすじはこんな感じ(Amazonさんありがとう) 『1955年7月、パイ屋敷の家政婦が階段の下で亡くなっ ...