【毎月更新】乱読クライム・ノヴェル

乱読クライム・ノヴェル第四十六回 A・D・G『病める巨犬たちの夜』(執筆者:小野家由佳)

【毎月更新】クラシック・ミステリ玉手箱

怪奇、合理ニ遭遇ス~アン・ラドクリフ『ユドルフォ城の怪奇』ほか(執筆者:ストラングル・成田)

2021.11.27 | 【随時更新】読書会ニュース

第30回西東京読書会のお知らせ

こんにちは、みなさま、お元気ですか。西東京読書会の小林です。 新型コロナ感染状況もだいぶ落ちついてきたので、2年ぶりにリアル読書会をやります! 対面式読書会を最後に開催したのが昨年1月。そのときの課題図書がアンソニー・ホロヴィッツの『メインテーマは殺人』でしたが、再開にあたって今度もまたホロヴ ...

2021.11.26 | 【毎月更新】読者賞だより

読者賞だより43通目――今月の「読み逃してませんか~??」/『花嫁殺し』(執筆者・大木雄一郎)

カルメン・モラという作家について、現在唯一の邦訳作品である『花嫁殺し』(宮崎真紀訳 ハーパーBOOKS)のあとがきには次のように記されている。 著者のカルメン・モラは匿名作家で、本書の舞台であるマドリード出身の女性作家だということはわかっているが、ほかのプロフィールは完全に伏せられていて ( ...

2021.11.25 | 【毎月更新】必読!ミステリー塾

第92回『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』(執筆者:畠山志津佳・加藤篁)

—— 媚びず! 屈せず! 闘う女リスベット! 全国20カ所以上で開催されている翻訳ミステリー読書会。その主だったメンバーのなかでも特にミステリーの知識が浅い2人が、杉江松恋著『読み出したら止まらない! 海外ミステリー マストリード100』をテキストに、イチからミステリーを学びます。 「ああ、フーダ ...

2021.11.24 | 【映画コラム】ミステリアス・シネマ・クラブで良い夜を

第39回 法は何のために?――『8番目の男』(執筆者・今野芙実)

みなさんこんばんは。第39回のミステリアス・シネマ・クラブです。このコラムではいわゆる「探偵映画」「犯罪映画」だけではなく「秘密」や「謎」の要素があるすべての映画をミステリ(アスな)映画と位置付けてご案内しております。 先日『コレクティブ 国家の嘘』を劇場で見てきました。政府と医療業界との癒着を報 ...

イベント内容/ =関連書アマゾンリンク
12 5 翻訳者向け書評講座:講師・豊崎由美 【募集終了】
12 18 エラリー・クイーンの魅力 本格ミステリで時代と社会を描く:飯城勇三