【毎月更新】クラシック・ミステリ玉手箱

コロンボを生んだ名コンビの若き日の軌跡 ~リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク『皮肉な終幕』ほか(執筆者:ストラングル・成田)

【毎月更新】中国ミステリの煮込み

第85回:『双探』なかなか交わらない二人の探偵と二つの事件(執筆者・阿井幸作)

2021.10.21 | 【毎月更新】中国ミステリの煮込み

第86回:民国時代の名探偵が集結!『偵探往時』(執筆者・阿井幸作)

8月の当コラム『著者に聞く! 民国ミステリー叢書をつくった理由』の最後に、「民国時代を舞台にして、実在の作家が登場する小説も生まれるかもしれない」と書きましたが、現実はもっと速いスピードで動いていました。 1930年代の上海を舞台に、当時の探偵小説に描かれた数々の中国人探偵が勢揃いするミステリー ...

2021.10.19 | 【原書レビュー】え、こんな作品が未訳なの!?【毎月更新】

第百三十五回はブレイク・クラウチの巻(執筆者:寳村信二)

今回はブレイク・クラウチの短編、Summer Frost(Amazon Original Stories/2019年)を取り上げます。 これはクラウチが5人の作家――アンディ・ウィアー(『火星の人』)、ベロニカ・ロス(『ダイバージェント』シリーズ)、N・K・ジェミシン(『空の都の神々は』)、エイモ ...

2021.10.14 | 【毎月更新】書評七福神の今月の一冊【新刊書評】

書評七福神の九月度ベスト!

書評七福神とは翻訳ミステリが好きでたまらない書評家七人のことなんである。 この連載が本になりました! 『書評七福神が選ぶ、絶対読み逃せない翻訳ミステリベスト2011-2020』(書肆侃侃房)は絶賛発売中です。 というわけで今月も書評七福神始まります。 (ルール) この一ヶ月で読んだ中でいちば ...