【残席僅少。初参加枠のみお申込み受付中です】(1月29日追記)

 2023年のカレンダーを眺めていて2月26日が日曜日であることに気が付いたときに、2012年2月26日(日)からスタートした翻訳ミステリー福島読書会の11周年記念会を開催せよという声が聞こえた気がします。
 2022年の福島読書会では翻訳家越前敏弥さんをゲストに、エラリイ・クイーン5作品の読書会を5月と9月に開催しましたが、12月には越前さんの新訳版エラリイ16冊目(クイーン20冊目)の『靴に棲む老婆』が出版されました。
 越前さんの新訳版国名シリーズが『ローマ帽子の秘密』を皮切りに刊行されたのが2012年ですから、越前版名探偵エラリイも今年11周年。
 ここまでいろいろと重なるとこれまでにように「こんな偶然がありますか!」とばかり言ってもいられません。やります、11周年読書会。越前さんもゲストでお越しいただきます。2月26日にぜひお会いしましょう。

【開催日】  2023年2月26日(日)

【開催地】  東北のライツヴィル 福島県二本松市 
       JR二本松駅から徒歩30秒、駅前ロータリーの見える
       『心地よく秘密めいた場所』 
                      ※詳細はお問い合わせください※
     
【課題書】  エラリイ・クイーン 越前敏弥訳『靴に棲む老婆』
       ハヤカワミステリ文庫 
       早川書房新訳版テキスト指定、電子書籍版もあります
       ※旧訳版を既にお読みのかたも、必ず新訳版で再読後に
        ご参加ください※
       
【ゲスト】  翻訳家、越前敏弥さん

【参加費】  300円 学生無料

【定 員】  12名 福島読書会初参加枠を設けました

【申込方法】 
 メールの件名を「11周年記念福島読書会参加希望」とし、
お名前(HN可)、当日連絡のとれる電話番号を明記のうえ、fukushimadokusyokai@gmail.com までご連絡ください。
メール以外でのお申し込みはお受けできません。
※準備の都合上、満席にならなくても申し込み受付を予告なく
 終了する場合があります※

【お願い】
・今回の課題書は、作家も探偵も同じエラリイ・クイーンです。
 これを区別するため、読書会では作家エラリイ・クイーンを「クイーン」、
 探偵エラリイ・クイーンを「エラリイ」と呼称してください。
・ネタバレ防止にもご協力をお願いいたします。
 犯人やトリックはもちろん、作品の趣向を明かしていいのは
 今回の課題書『靴に棲む老婆』だけです。
・読書会の内容、参加者の発言などをSNSで発信しないようにお願いします。

【タイムスケジュール】

【開 場】13時 

【受 付】13時30分 
 この時間までにお越しください。参加費を申し受けます。
 おつりのないようにご準備ください。

【前 説】13時40分~14時 

【読書会第1部】14時~15時10分 
 
【休憩】15時10分~15時20分 

【読書会第2部】15時20分~16時20分 

【『最後の一撃』】16時20分~16時30分

【サイン会】16時30分~
『ロンドン・アイの謎』『グッゲンハイムの謎』『文芸翻訳教室』など、課題書以外でも越前さんの著作、翻訳本をお持ちください。
 なお、あらかじめご自分の氏名をメモ書きするなど、スムーズな進行にご協力ください。 

会場は17時まで使用可能です。

【換 気】常時行います

【懇親会】開催しません。

 
【周知事項】
 少人数、対面式の読書会です。
 開催中は休憩時間であっても必ず不織布マスク着用での
会話をお願いします。
 水分補給以外の飲食はご遠慮ください。
 少しでも体調のすぐれないかたは当日であってもお気軽に
欠席してください。

【注意事項】
 感染状況によっては直前でも躊躇なく開催を延期します。
 感染症対策はこれまでの福島読書会R実施要綱に準じます。

主催:翻訳ミステリー福島読書会R
後援:翻訳ミステリー大賞シンジケート